すれちがい通信簿

最終回の再放送は無い

遺伝子の廃車に成り行く僕

 先日、女性はネガティブ思考の男が嫌いということを知った。衝撃だった。20年目の新発見。僕なんか男女問わず超絶明るい人を目の前にするとHP吸われてる気分になるのに。

 女性がヤンキーとかエグザイルみたいなオラついた男を好きになる傾向があるはこれまでの人生でなんとなく知っていた。それは知っていたのだがまさか嫌いとは。ゼロではなくマイナス側に配置されていたとは思いもよらなかった。ネガティブ思考、それだけで減点対象。

 女性は本能でより強い男性を、より優秀な遺伝子を求める。動物として、遺伝子の乗り物として至極当然のことだ。不必要な遺伝子情報。時と共に淘汰されゆく存在、それがネガティブ思考。

 ポケモンでいうならフライゴン♀達の前にようきカイリュー♂とひかえめサザンドラ♂がいた場合、フライゴン達はカイリューの前に群がるわけだ。「キャー!カイリュー君のバリアーカッコイイ!抱いて!」となり、横のサザンドラは一瞥され「はあ?スカーフ流星群とかキモッ…」と唾を吐き捨てられる。これではフライゴンサザンドラを預けていくら育て屋の前で自転車を漕ごうと卵が見つかることはない。

 さて、この悲しみをどうしよう。別に僕は子を成したいとか思っている訳ではないが、あなたはこの先死ぬまで一切女性から好かれることはありませんとなると己のカルマに抗いたくなる。

 いくつか解決策はある。他を圧倒する顔面のクオリティをもって押し切る。ユーモアの本を読んで泣き虫からお調子者に性格を変える。LDHのダンススクールに入学する等々。

 個人レベルなら上記の方法で十分に解決可能だろう。でも僕は未来のネガティブボーイ達のために女性の本能の認知を変えたい。種としてポジティブよりもネガティブの方が優れているんだと錯覚させたい。全ての根暗をクールに変えたい。デオキシリボ核酸の壁を越えて行け。

 そんな世界をひっくり返すための第一歩としてネガティブ思考の素晴らしいところをここに記す。

 なんかネガティブ思考の人間は創造力が高いらしい。

 さあ女性の皆さん。あなたの周りにいるネガティブ男子を放っておくと知らぬ間にハイパーメディアクリエイターになってるかもしれませんよ。