すれちがい通信簿

最終回の再放送は無い

思いがけず子供に還った話

 インターネットサーフィンをしていて検索の際にTabキーを押す前にエンターキーを押してしまって誤検索をしてしまうってことが偶にあるんですよ。で、検索したのが「h」このアルファベット一文字。ミスったときは「あー間違えたわ」位にしか思ってなかったんですよ。検索結果を見るまでは。

 検索結果がこちら。

f:id:Deerwhale:20180122145854p:plain

f:id:Deerwhale:20180122150152p:plain

 なんつーかワクワクしたよ。これが童心に帰るっていうんだなって。性的にいやらしい様とか思いっきり書いてあんだぜ。その上、天下のGoogle様がエッチの象徴画に使ってるのがふたりエッチだぞ?優良さんだぞ?小学生の頃の俺のエッチのイメージそのままだよ。完全に一致してるよ。そして思ったね。「ああ、俺は現代小学生の性の原体験を疑似体験しているんだな」って。

 俺の時はエロ本がまだ比較的落ちてる時代でさ。俺が最初に触れたエロは拾ったエロ本だった。もちろんネットもあったけど小学生が気軽に触れられるパソコンは図書室のパソコンだけっていう何とももどかしい境目みたいな時代だったんだよ。友達と図書室のPCでコソコソ「加藤あい 盗撮」とか調べてたよ。フィルタリングされてて無駄骨だったけどな。何もかもが懐かしいよ。

  そんな風に感傷に浸っていたらツール欄の画像が目に入ったんですね。そして閃いた。「もしかして画像をクリックしたらエッチな画像を見れるのでは?」一瞬でまた小学生に戻ったよ。もうドキドキしながらクリックしたね。チンコは1mmも反応してなかったけどさ。心が勃起してたね。

 1秒もしない内にページが読み込まれる。でもその1秒弱のワクワクドキドキはかけがえのないもので、そこには一体どんなエッチな画像で溢れているのか。インターネットを冒険してる気分だった。

一瞬の白の世界を飛び越えて目の前に画像が広がった。

f:id:Deerwhale:20180122154731p:plain

 

 これはない。こんな酷い仕打ちはないよ。あんまりだ。

 文字じゃん。さっきエッチとは性的にいやらしい様だって書いてあったじゃないか。どういうことなんだよ。これのどこがいやらしいんだ。小学生だからといってあまり舐めてもらっては困る。

 それとも何か?これをいやらしく感じろとでも言うのか?上級者過ぎるだろ。どんな大人の階段の登り方だよ。初登山でいきなり未踏ルート行くやついねえだろ。

 

 大人に戻ってブラウザを閉じた。昔拾ったエロ本のインクが滲み過ぎて読めなかったことや、顔と乳首の部分だけ綺麗にくり抜かれていたことを思い出した。とても悲しかった。エロ本を拾うことはもちろん、捨てに行くのにだって大いなる勇気が必要なのに。

 

 11時前だったけどPCを落として布団に入った。子供は早く寝るから。

 今日はとっても楽しかったね。明日はもっと楽しくなるよね。ハム太郎