すれちがい通信簿

最終回の再放送は無い

他人と焼肉屋に行きたくない

 他人と焼肉屋に行きたくねえ。切実に。しかし焼肉屋は他人と飯を食べに行く場合の上位候補なんだよなこれが。苦しい。

 なんで僕が他人と焼肉屋に行きたくないかというと、これはもう完全に宗教の話である。

 僕は網の上に自分がこれから食べる一枚、もしくは二枚の肉だけを置くんですよ。で、焼けたら網から放して次の肉を投入、食べてる間に焼くっていうローテーション。二枚くらいが僕の網状におけるキャパでこれ以上は無理。三枚以上は食ってる間に火が入り過ぎるし、かといって網から放しても食べるまでの間で冷めるしな。

 でも世の中は僕みたいなプレイスタイルの人間だけが存在してるわけじゃないんだ。僕からしたらとんでもねえ邪教徒がごまんといる。

 まずアレな、網の上に所狭しと肉並べるやつ。食べるペースと焼き上がる時間をなんにも考えてないアホ。次々焼いてどんどん皿に載せてくから肉が冷めるだろ。網の中心と外側の温度差を考えてないから捌ききれずに中心においた肉は焦げる一歩手前じゃねえか。第一、一気に肉を大量に載せたら網の温度が下がるだろバカ。こういう輩は畜産農家の方々と僕ら人間の糧と成るべく命を散らした牛さんへのリスペクトを欠いた恥ずべき人間です。

 次に野菜の盛り合わせを複数個頼むやつ。お前はなにしに来たんだ。一個ならギリギリ分かるよ。マジでギリギリだけどな。ちなみに僕は絶対頼まない。なぜなら食べないから。頼んだ人間が野菜大好きマンで自分で全部食べますってことならなんの文句も無いよ。好きにしたらいい。でも現実は違う。網に置かれたまま放置されて焦げていく悲しいカボチャを幾つも見てきた。置いたお前が食えバカ。玉ねぎばっか食べてねえでカボチャも食えよ。人任せにすんな。更にムカつくのが僕が一心不乱に肉と向き合ってると「野菜食べないの?栄養偏るよ~」というRPGでの「武器や防具は装備しないと意味がないぞ」並に聞き飽きたワードを放ってくるbotみたいなやつ。たった一食の栄養を偏らせる覚悟も無いなら焼肉屋なんか来るなタコ助。

 あとこれは遭遇したことが無いけど白米頼むのNGってやつがいるらしい。意味がわからん。他人の茶碗一杯の白米にキレるってどういう神経構造してんだよ。焼肉屋行く前に心療内科に行った方がいいよ。どう考えても普通じゃないので、もしかしたら過去に他人の頼んだ白米がおひつで出てきて死ぬ思いで一升食べたとかそういう悲劇があってこの謎の怨嗟を生んだのかもしれん。

 最後に、ここまで読んで僕のことを焼肉奉行だと思う人がいるかもしれないけど僕は焼肉奉行ではありません。一枚一枚真摯に肉と向き合いたいだけなので僕に危害が及ばなければ他人の焼き方とかぶっちゃけどうでもいい。だからみんな僕と焼肉食べに行こうぜ。一人焼肉ってちょっぴりハードル高いじゃん?

 ん?飲み放題?そんなのありえないに決まってるってわかるよね?