すれちがい通信簿

最終回の再放送は無い

新しい音楽とかしんどい

 ストリーミングサービスは神。けれどもそれを使う僕はゴミ。

 ストリーミングサービスは毎日新しい音楽が配信されているけど、それをクリックする気力が無い。Twitterでの評判を見る限りトロイモアの新譜は良いらしい。クリックする気力は湧かない。

 ストリーミングサービスのおかげで新譜をいくらでも好きなように聴けるようになったものの、その全てが当たりって訳じゃない。当然外れもある。というか外れの方が多い。人間一人の好みにあった音楽なんて地球にある全ての音楽の内の1%にも満たないだろう。その、普通にガチャを引けば1%にも満たないであろうものになんとか出会い易くするためにジャンルで分類分けしてあったり、利用データからおすすめを引っ張ってきてくれたりと各種サービスも色んな機能を用意してくれているがそれでもガチャ感は否めない。

 僕は新しい音楽聴く時はちゃんと聴こうとして聴き流しにならないようにヘッドホン着けてちょっと音楽に集中するんですよね。で、その状態が長く続くと徐々に耳と体が疲れてくるんですよ。よくYouTubeの関連動画から色んな音楽を聴くけどやっぱり当たりは少ない、そんで二時間とか三時間かけてガチャ引き続けて当たりが0で、オマケに疲弊してるって最悪でしょ。

 そんな感じで膨大な数の音楽から当たりを探すのに疲れて今やガチャを引くこと自体にも気力を失いつつある。ぶっちゃけある程度評価の定まった過去の名盤なんかを聴くほうがずっと楽だ。過去の音楽にも知らないものは山ほどあるし、ハズレを引く確率もそこまで高くない、名盤とされてるものならとりあえず聴いてみるかと多少は気力も湧いてくる。

 だから個人の年間ベストが「各音楽メディアで平均点が高かったものセレクト」みたいなのとか「とりあえず一定数の人達から褒められてて話題になったものセレクト」になるのも分かる。だって同じガチャでも中身が選別してあるハズレ無しガチャの方が圧倒的に楽だし、何より無駄がないよ。

 あとぶっちゃけ発売した次の年も聴くアルバムってほとんど無いんですよ。大体のアルバムの賞味期限は一年で、その後もずっと定期的に聴くアルバムは滅多に無い。あっても年に三枚くらい。だから新譜のCDなんてほとんど買わなくなった。

 ただそれでも今の所はまだ「聴いてみなくちゃわからないやん」というお気持ちがそれなりに強いのでなんとか向き合えている。しかしこれは明らかに消耗戦だと思われるので数年後どうなっているのかは分からん。よくジジイが新しいものと向き合うのにはエネルギーがいるとか言うがその気持ちがちょっと分かりつつある、確実にジジイになりつつある。

 あとそんなに音楽が好きじゃないという思いにも根拠が出てきている。何故ならスケベな動画はピッチフォークが取り上げなくともひたすらディグれるのだから。

インターネットへの緩やかな諦念

 World Wide Webシステムが登場して二十数年、かつてインターネットに抱いていた希望みたいなものがどんどん薄れてきている。まあこんなことはずいぶん前から言われてきていることだけどやっと僕自身もそれを実感しつつある。僕よりも上の世代の人達がインターネットの登場に希望を抱いて、諦めていったのがなんとなく分かる。

 昔はインターネットのことをパソコンの中に広がる別世界みたいに思っていて、それがそのまま発展するものだと思っていた。それが今のインターネットは別世界でもなんでもない現実生活を豊かにする1ツールに成り下がってしまっているように見える。

 顔も名前も知らない遠くの人とダイレクトに繋がることの出来るSNSも最近じゃ良くも悪くもリアルの交友関係を補完するものに変わりつつあるような気がする。インターネットの持つ匿名性も身分制という概念が無い世界から無限に人を叩いたり、マウンティングするためのお手軽デフォルト装備と化してしまった。

 ただインターネットの自業自得ってところもあるんだろう。小さいものから大きなものまで匿名性が生んだ事件、問題ってのは星の数ほどあるだろうし。そんなことばっかり目について既存メディアに大々的に報道されるもんだからネットに悪いイメージがつくのは当たり前というか。

 最近じゃ現実での経済格差とか世界的な右傾化の影響なのか以前のネットの殺伐さとは違う嫌な殺伐さも感じる。あと現実に所属してるコミュニティと似たようなコミュニティがネットにも形成されつつあって、多種多様な魔界があちこちに生まれてる。Twitterなんかはその多種多様な魔界から人が集まってきていて、ある意味知らない人と繋がれるハブとして機能しているけど言うまでもなく中身は地獄だし。なんだこれは、ディストピアかよ。

 結局、インターネットは現実世界と大差ない世界になってしまった。現実世界の下部組織になってしまった。でもまあしょうがねえ、しょうがねえよ。所詮は人が作ったもので、人が使ってるんだからさ、こうなるのもむべなるかなだよ。

 だから、もういいのだ。インターネットは新世界になり得なかったけれども、生活は豊かになったんだから。それだけで十分だ。そんなこんなでインターネットへの諦念を受け入れつつ、インターネットの良いところ、要するにエロサイトへと今日も僕は足を運ぶのだ。

2018年の私的年間ベストアルバム

 どうもこんにちは。年々CDを買うことが少なくなってきていた僕ですが遂に今年は新譜で買ったCDがたったの一枚でした。なんというかストリーミングサービスはエグい。ストリーミングに染まりきった結果、アルバム一枚に対する熱量みたいなのは下がって、購入に対するハードルが物凄く上がってしまった。このスタンスが良くないことだと理解していながら今日も僕はSpotifyを開くのだ。そんな訳で欠けた説得力を自覚しながら選びました。ちなみにベストは一枚、その他で良かったものを順不同で挙げていきます。

 

年間ベスト

Daughters『You Won't Get What You Want』

f:id:Deerwhale:20181204221600j:plain

open.spotify.com

 僕の中ではこれが2018年ぶっちぎりのベスト。The FallのMark E. SmithがNine Inch Nailsを聴いて育ったらこんな音楽を作るのではないだろうかと思わせるインダストリアルなポストパンク。10曲48分とコンパクトながら最初から最後まで緊張感が緩むことなく続くので聴き終えた時に若干の疲労感が残る。とはいえそれを差し引いても圧倒的な内容。上手いこと説明は出来ないが2000年代以降よく見るポストパンク的な音を再現してるだけの音楽じゃなくて本物のポストパンクをやってた。最高です。

 

 

 以下、順不同で良かったもの

 

Fennes『So That I May See You Again』

f:id:Deerwhale:20181204222142j:plain

fennecsound.bandcamp.com

 

 ハウス、終わり。

 自分でもこのアルバムの何がこんなにも刺さっているのかイマイチ分からない。ただ、聴いてて退屈な曲が無く、一曲一曲がハウスにしては短いので淀みなく何度も繰り返し聴いていた。そういうの大事だろ。

 

Noname『Room 25』

f:id:Deerwhale:20181204223828j:plain

open.spotify.com

nonameraps.bandcamp.com

 Twitterでは前作の『Telefone』の方が好きだと言ったけれど本作もとても良いことには変わりない。しかし前作はギリギリのライン一歩手前でタダで配ることに理解できたが本作はタダでバラ撒くレベルの音像じゃないぞ。

 

JPEGMAFIA『Veteran』

f:id:Deerwhale:20181204225321j:plain

open.spotify.com

jpegmafia.bandcamp.com

 低音がやべえ。それ以外に無い。ボッボッボッボッ。 低音がやべえ。

 

Fog Lake『captain』

f:id:Deerwhale:20181204231307j:plain

open.spotify.com

foglake.bandcamp.com

 アルバムジャケットとは裏腹にモヤモヤしているもののそこまで暗くないサウンドと割とキャッチーなメロディの曲達。曲数も十曲だし収録時間も短いので時間の経過を感じる前に聴き終わる。そういうの大事だろ。

 

Car Seat Headrest『Twin Fantasy』f:id:Deerwhale:20181205000307j:plain

open.spotify.com

 これを入れるのはなんとなく反則技感があって躊躇したんだけど候補選ぶのに音源色々まとめて聴き返してた時に「Beach Life-in-Death」聴いてたらやっぱ入れるしかねえなって思ったんだよ。だから、しょうがねえよな。この気持ち分かるだろ?

 

青葉市子『qp』

f:id:Deerwhale:20181205163334p:plain

open.spotify.com

 『0』以降の彼女の音源って全部音が良いですよね。曲が良いのは勿論だけどミックスで更に彼女の持つ神秘性みたいなのが増幅されてる。ちなみに『0』は生々しいミックスなのでそこらを意識して聞くと面白いかもしれん。

 

 

以上、年間ベスト一枚とその他良かったもの六枚でした。最後にオマケで褒められてたけどピンとこなかったアルバムを何枚か挙げます。

 

Rhye『Blood』

 前作もそうだけどこの人達の音楽は雰囲気イケメンって感じで雰囲気以上のものが感じられない。

三浦大知『球体』

 このアルバムを音楽だけ聴いて判断するのはフェアじゃない気もするが巷で騒がれているほどの斬新さは感じなかった。あと長え、気絶する。

The 1975『A Brief Inquiry Into Online Relationships』

 初聴の感想自体はまあまあ良いアルバムだなと思ったんだけどその後Twitter見てたら「10年代を代表する一枚」とか「10年代のOK Computer」等と天上に位置する作品が如く褒めちぎられてて「いや、そこまでではないじゃん…」と引いてしまった。去年のThe xxの時にも思ったけどTwitterってUKバンドの作品への評価ハードルが物凄く低い気がする。あとThe 1975が名盤を生むとしたらそれはOK ComputerじゃなくてFleetwood MacのRumoursだと思っている。

 

おしまい。

音楽レビューには程遠い何か The Streets 『Original Pirate Material 』

f:id:Deerwhale:20181117234743j:plain

 これ買ったの何年前だろうな。覚えてねえや。確かなのは本かネットでUKヒップホップの名盤って紹介されてるのを見てブックオフで250円で買ったってことだけ。今でも280円の棚でよく見かける一枚。

Original Pirate Material

Original Pirate Material

  • The Streets
  • Pop
  • USD 9.99

 

open.spotify.com

 本作は後進のUKインディーロックバンド達に大きな影響を与えたらしい。まあそこら辺はよく知らない。

 ぶっちゃけ買った当時ピンとこなかったんだよね。それからたまーに聞いてはピンとこずの繰り返しだったんだけど昨日の夜中久しぶりに聞いて何かを掴んだ。まあ結局ピンとはこなかったんだけど、とにかく何かを掴んだ。

 まず一曲目の「Turn the Page」と二曲目の「Has It Come to This?」の二曲なんだけどさ、良い曲なんだよね。特に「Has It Come to This?」は名曲と言っても差し支えないのではないだろうか。UKガラージの。

www.youtube.com

 そう「Has It Come to This?」はUKガラージである。これが僕の脳を混乱に陥れていたトラップね。これ買った当時はガラージなんて知らなかったし、そもそも脳の受け入れ体制がヒップホップになってたんだからそりゃピンとくるはずねえよ。

 本作品は割合で言うとヒップホップ六割、ガラージ三割、その他二割といった感じで構成されています。ヒップホップ曲が続いて忘れた頃にガラージ曲が顔を出してまたヒップホップへ…といった具合。

 とまあこんな感じでモヤモヤと混乱してた作品へのイメージが整理されて多少はっきりしたんだけど、それを踏まえた上で聴いてもピンとこなかったんだよね。

 なんかさ、ヒップホップの名盤と捉えるにはあまりにもガラージ曲の出来が良いし、かと言ってガラージのアルバムと捉えるにはガラージの曲が少なすぎるし、バラエティに富んだ一枚なのかってなると一定のジャンルには留まっているし、なんかこう名札が無いというか…どうにか伝わらんかなあこの感じ。まあ要するにどっちつかずで惜しいんだよ。

 中には僕に対して「そんなことグダグダ考えないでありのまま音楽を聴けよ」って思う人もいると思う。それには返す言葉もない。でもさ、僕の中では冒頭の二曲で高まったガラージ熱みたいなものがその後のヒップホップ曲郡で徐々にぬるくなっていく感覚があんのよ。これガラージ一点に定めてアルバム作ってたらとんでもないことになってたんじゃないのという気持ちが拭えないのよ。だからまあ、ピンとはこなかったのだ。

 以上、違和感やモヤモヤは消えたけどピンとこなかったアルバムの話でした。シーユーネクストタイム。

昨日は黒ギャルが好きだった

f:id:Deerwhale:20181025181637j:plain

 

  本当はサムネイルに本物の黒ギャルを載せようと思ったんだけどGoogle先生で黒ギャルを画像検索したらあまりにも生々しいスケベ画像ばっかりだったので僕がスプラトゥーン2で実際に使っているイカちゃんを載せました。拡大して見てみろ。どうだ?ちょっとギャルっぽくて最高だろ?ギアの説明はまた今度な。

 

 

 以下、本題

 人間とは良くも悪くも慣れの生き物である。ある動作や作業の精度、速度の向上は反復による脳の慣れによって成されている。また慣れとはRPGでいう経験値みたいなもので、これが貯まっていくと経験したことの無い場面でも経験則からの応用で選択肢の中から失敗の択を素早く省いたりすることが出来る。よくスポーツで言われるベテランの経験的なものは大体こういうことだと思う。ベテラン選手は長い競技経験で蓄えられた脳内にある膨大なデータベースから類似ケースを瞬時に抜き取って参考、応用しているのだと思われる。スポーツ以外にも単純な暗記だったり言葉だったりと人間の向上に慣れは必要不可欠である。

 

 しかし、慣れは人間を向上させる一方で良くないことも引き起こす。俗に言う中級者が一番危険という常套句に代表される慢心系の慣れによる事故だったり、特定の人と長く付き合っている内にある種の慣れが原因で人間関係が悪くなったりする倦怠系の慣れだったりと、慣れを原因としたマイナスイベントはいくらでも存在する。

 

 再三再四、人間とは慣れの生き物である。

 昨日、黒ギャルでオナニーしたんですよ僕。何故か分からないけど昨日の僕の脳とオチンチンに黒ギャルがぶっ刺さりしたんですよ。一昨日までは別に黒ギャルに過剰な性的興奮を覚えていなかったのに昨日突如として黒ギャルに興奮したんですよ。不思議なことに。更に不思議なのは今日ね。あれだけ黒ギャルに興奮していた僕は何処へやら。今現在は黒ギャルで抜きたいなどとは微塵も思っていないんですね。

 まあレアケースみたいな書き方しましたけどこんなことはしょっちゅうあるんですよ。黒ギャルどころか急に二次元で抜きたくなることもあるし、正直なところ朝、目が覚めた段階でその日の自分がどんなエロに性的興奮を覚えるのかは一切不明です。人間って多かれ少なかれ誰しもなにかしらの慣れを嫌う部分が多少あるじゃないですか。その中でも人間の本能はエロの慣れを一番に嫌ってますね。これは断言できる。日替わり定食のメニューが二、三日続いてもなんの抵抗もなく食べられるけど、同じ動画で二、三日続けてオナニーするとか考えられないもん。

 そう考えると昨日の自分と今日の自分は全くの別人なのかもしれない。実際に明日の自分が何で勃起してるかなんて全く想像つかない訳だし、こんなのガワが同じなだけで実質他人みたいなもんだろ。僕というロボットを何人もの日替わりパイロットが好き勝手に動かしてるだけだよ。

 だから明日の僕のことも、その次の日のこともその日の僕のパイロットに任せりゃいいや。今日はもう怠いしさっさと飯食ってシコって寝よう。それでは皆さんおやすみバイバイ。

料理のコクが分からない

 分かんないよな?なんだよコクって。カレーの隠し味にオイスターソースとかコーヒーを入れるとコクが増すとか言うけど、そもそものコクが分からねえから増えたかどうかも分からん。俺は馬鹿舌だが美味くなったかどうかは分かるよ?しかしコクは分からん。なんで素直に美味くなったと言わないんだ。

 終いにゃコクが出て味に深みが増すとかも言うだろ。コクも分かんねえのに深みときたもんだ。まず生まれてこの方、味を立体的に捉えたことがねえよ。「味に深みがありますね~」はよく聞くけど「味が浅いですね~」って言ってる奴は見たことがない。だから俺は料理の感想にコクと深みを使うやつを一切信用しない。TVの食リポはまあ許そう。仕事だし、どう美味いかを伝えなきゃいけないし。まあコクと深みを使った時点で俺には伝わらんけどな。

 ただ現実に目の前で同じもの食べてる奴が「これコクと深みがあって美味しい」とか言い出したら反射的に頭を引っ叩くかもしれない。味の感想なんて不味い、美味い、超美味いだけでいいんだよ。

 最初にコクとか深みって言い出した奴は絶対馬鹿の見栄っ張りだと思う。食の知識も言語能力も無いくせに馬鹿がなんとかそれらしいことを言おうとして出てきたのがコクだよ。多分。

 コクを使ってる奴は卑怯者だよ。人間の味覚は一人一人個体差があってそれを共有する術が無いことをいいことになんだかよく分からない言葉で我々を煙に巻くと同時に、「私は味というものをよく分かっている人間ですよ」的なセルフプロデュースを行っているのだ。騙されてはいけない。

 いいか、コクとか深みを使ってる奴らに告ぐ。いつか人間の体が義体化してネットワーク上で感覚が共有出来るようになったらコクと深みがなんなのかをキッチリ説明してもらうからな。そんな技術は俺が生きてる間には実現しないだろうが俺は忘れねえからな。来世だろうがそのまた次だろうが地獄の果てまで追い回すから覚悟しておけ。

 絶対逃さないからな。

Tik Tokがイラつく?分かるけどまあ落ち着けよ。

 2018年8月現在、今インターネットで最もヘイトを稼いでいる熱い存在、Tik Tok。イラつくよな。分かるよお前の気持ち。こっちから近づいてねえのに広告にガンガン出てくるからな。嫌でも目に入る。逃げ場がない。僕がTik Tokを見かける場は主にスマホYou Tube見てる時なんだけどさ、5秒経ったらスキップ出来るタイプのアレな。凄いよな、スキップボタンが出てくる位置ガンガン連打してるその5秒間すらイライラゲージ上昇するからな。即効性が非常に高い厄介な広告である。

 ちなみにPCで見てるときはアドブロック入れてるから出ない。アドブロックは良いぞ。僕が使ってるのはuBlock Originってやつなんだけどさ。最高に快適だからみんな入れたらいいと思う。

 さて、Tik Tokの話なんだけど、僕はちょっとイラつく気持ちを抑えて冷静に考えてみたんだよ。で、たぶんTik Tokはインターネット史において歴史的資料価値が凄く高い、と思う。今までには無かったタイプのコミュニティの発展の仕方をしてると思う。これまでのインターネットコミュニティはコミュニティの一生コピペみたいに面白い人達が集まってコミュニティを形成した後、襲来したつまんねえ奴らに食いつぶされるってパターンが基本だったけど、Tik Tokは最初かつまんねえ奴が集まって、つまんねえことしかしてねえのに何故かそれが更につまんねえ奴を呼んで、一大コミュニティに成長したという稀有な例だと思うんだよ。そして稀有な例であると同時にこれは未来への第一歩でもある。おそらくこの先Tik Tokの様な最初からつまんねえコミュニティは量産される。嘆いても仕方ない、怪物は既に生まれてしまったのだから。

 ただ、遅かれ早かれこういうコミュニティは生まれていたはずである。それほどまでにインターネットは一般化した。つまりどういうことかと言うと、これはあくまで僕の推測だが、インターネットが一般化した結果、これまで居酒屋を主な生息地としてきた声だけ大きな大学生、またはそれに類似する輩がネットに進出してきている。しかも彼らは生まれながらにネットに触れてきたネットネイティブ世代でもある。だからインターネットと居酒屋の一席との空間感覚みたいなものにギャップが無いのだと思う。たぶん全てが内輪の感覚で完結してる。凄く怖いことだが彼らにとってみれば極当たり前の感覚で、これからはこれがスタンダードになっていくのだろう。

 ここまでちょっと真面目に書いてみたがひでえな、これは。控え目に言って地獄じゃん。なんかもういっそ企業が作ったソーシャルネットじゃなくて、個人でホームページ作ってそこのBBSでみんなで話すという限定的なスタイルが平和だし汚染拡大も無くて良いのでは?「キリ番を踏んだ方は必ず報告してください(怒)」みたいなのが微笑ましくてちょうど良いという気さえしてくるよ。

 そういやこの間、テレビ見てたらTik Tok特集みたいなのがやっててさ、僕の母親がTik Tokにブチギレてたんだよね。あんなにキレてるのも珍しかった。注射仕事の日に腕をチューブでギチギチに締めても血管が浮き出てこないレベルのボストロールエンカウントした時並にキレてた。

 話を聞いてみたらどうやらいい歳こいたジジイババアがやってるのがムカつくらしい。まあびっくりしたね。二十歳超えてる奴がやってんのもキツいのに40代、50代がやってんのかよ。どうやら地獄に年齢制限は無いらしい。それで気づいたんだけどさ、Tik Tokのイラつくところってその低俗さなんだよな。触れちゃいけないレベルの低俗っぷりじゃない?比べるのはどうかと思うけど、おでんツンツン男とかコンビニのアイスケースに入るのに近い香りがする。コミュニティ自体から漂う分別の向こう側感が凄いんだよな。

 長々と色々書いてきたけど結局Tik Tokはメチャメチャイラつくというところに落ち着いてしまった。というわけでTik Tokは一秒でも早く絶滅してくれ。以上だ、アデュー。